Skip to content

MDMのセキュアコンテナ両者の特徴

私物デバイスの業務利用という意味の『BYOD』という言葉を、様々な場面で目にするようになってきました。
社員の私物のスマートフォンなどのモバイル端末を業務に利用することができれば、企業にとってはコスト削減となります。
社員にとっても、扱い慣れたスマートフォンを業務に利用できるというメリットがあります。
しかし、そのメリットを享受するためには、充分なセキュリティ対策を施す必要があります。

現在はBYODに対応した様々なサービスが提供されていますが、その代表的なものが、MDMのセキュアコンテナの2つです。
ソリトンのDMEのように、この2つの機能を併せ持つビジネスプラットフォームもリリースされています。

MDMとは、モバイルデバイスマネジメントの略称のことです。
スマートフォンを業務利用するためには必須となる、モバイルデバイス管理システムの総称です。
MDMを利用し、社員のスマートフォンを一元管理することで、パスワードやセキュリティソフトの導入、アップデートを一斉に行う事ができます。
また、紛失や盗難時には遠隔操作で端末をロックしたり、工場出荷時の初期設定状態に戻すことができます。
スマートフォンから社内データを遠隔で利用できれば、業務効率は上がりますが、その反面、悪意ある攻撃を受け窃盗されたり紛失した場合のリスクは高くなります。
MDMで一元管理をしておけば、重要機密を奪われるリスクも回避できます。

MDM以上のセキュリティ対策システムとして有力な存在なのが、セキュアコンテナです。
これはスマートフォン内部の領域を、個人用と企業用とに明確に区別し、それぞれを利用するシステムです。
企業データ領域を堅牢にガードするだけでなく、そのセキュア内のデータは完全に暗号化されます。
企業領域のコンテナ内だけへのアクセスや、遠隔操作などを管理できる為、社員のプライバシーを保護できるだけで無く、機密性もより高くなります。